受賞作品

2015「安心・安全・快適」


大 賞※敬称略

大賞 日立ラップ ブルータイプ

日立ラップ ブルータイプ

渡邉 敬嘉/日立化成株式会社

伸縮性・強度・粘着性などのPVCラップの特徴はそのまま活かし、ラップを青色にして食の安全性を「目に見える安心」でサポートした商品です。 万が一食材へラップ片が混入しても見つけやすく、通常のラップと色分けできるので食材の仕分けにも便利です。
アイデア次第で、様々な用途にご使用できます。

大賞 テトラサーバー

テトラサーバー

ノリノリデザインプロジェクトチーム/
株式会社ナショナルマリンプラスチック

「避難所における現代の水がめ」
様々な人が集う避難所。環境も多様です。混乱した中では予備知識なく使える道具こそが求められています。そんな原点に帰る飲料水及び簡易シャワー用のフレキシブルタンクです。
大人2人で担ぐことが可能で、本体を押すだけでわかりやすく使用でき、飲料水イメージを持つ正四面体形状が世界共通のアイコンと成るデザインを目指します。



優秀賞

優秀賞 mo shi mo 子供用レインコート

mo shi mo 子供用レインコート

横山 友美

災害時空気を入れることで、落下物から子供の身を守るレインコートです。子供の骨は柔らかく、小さな落下物でも重症化することがあります。しかし、災害に備えて防災頭巾を常に持ち運ぶことは大変です。レインコートにすることで簡単に携帯できるようにしました。また、急な気温の低下の際には防寒具としても使用できます。

優秀賞 KIDS DESIGN TOOLS 3Dキッズモデル

KIDS DESIGN TOOLS 3Dキッズモデル

久永 文/
日本インダストリアルデザイナー協会 スタンダード委員会 キッズデザイン部会

1~19歳までの子供の死亡原因の第1位は「不慮の事故」である。子供の安全に配慮した製品開発のため、開発の初期段階から子供とモノ、子供と空間の関係を実感し、シミュレーションしながら開発することが必要であると考えた。
日本の子供の身体データに基づくマネキンを、ソフトPVCを用いて扱いやすい形で提供する。

優秀賞 リフォジュール 膜天井 アコースティックタイプ

リフォジュール 膜天井 アコースティックタイプ

川又 周太/フクビ化学工業株式会社
飯島 潤/リフォジュール株式会社

シートとレールで天井を張る。本製品はとてもシンプルな工法です。特長はその軽さで、石膏ボードに比べると、重さは1/30以下。高い所には軽くて柔らかい材料を使用するのが、これからのスタンダードと考えます。シートの微細な孔により吸音効果を得ることができ、音の反響を抑えた静かな室内空間を演出することもできます。



入 賞

入賞 Protecushion

Protecushion

浦辺 諭

入賞 MOON

MOON

進藤 篤

入賞 Tap Tag

Tap Tag

德田 周太

入賞 globe planter

globe planter

宮田 賢二

入賞 amiTIE

amiTIE

金 泰浩・大網 千尋・小野塚 萌生

入賞 ささら

ささら

岡庭 茂樹・豊崎 雄二郎・田中 隆之

入賞 zelly

zelly

豊崎 雄二郎・岡庭 茂樹・田中 隆之

入賞 Coil Bookshelf

Coil Bookshelf

岩﨑 史歩

入賞 SOFT FRAME

SOFT FRAME

平田 昌大・内村 綾子

入賞 LIFEBED

LIFEBED

橋口 豊・伊藤 拓・深沢 太郎

入賞 漏水対策シート

漏水対策シート

根岸康夫/アキレス株式会社

入賞 止めピタ

止めピタ

長峰 大輔/文化シャッター株式会社

入賞 塩ビ彫刻(艶美彫刻)

塩ビ彫刻(艶美彫刻)

中野 謙一郎/有限会社紅日裁断

入賞 アップサイクル手芸 「ヴィークラフト」

アップサイクル手芸 「ヴィークラフト」

坂井 久美子・伊藤 美紀/VVV-craft

入賞 ほたる

ほたる

大石 耕平/森松株式会社

入賞 安堵ン

安堵ン

新堂 博之・株式会社三共

入賞 Door Cube

Door Cube

折戸 隆・株式会社三洋

過去の受賞作品

2015年「安心・安全・快適!」

2015年
「安心・安全・快適!」

2014年 
「I want this ! これ欲しい!」

2014年
「I want this ! これ欲しい!」

2013年
「ソフトPVCで日本の力をためす」

2013年
「ソフトPVCで日本の力をためす」

2012年
「社会に求められる○○×SOFT PVC」

2012年
「社会に求められる○○×SOFT PVC」

2011年
「新たに切り拓く、PVCの可能性」

2011年
「新たに切り拓く、PVCの可能性」

PAGE TOP ▲