過去の受賞作品

2011年 「新たに切り拓く、PVCの可能性」


準大賞

薄美濃和紙を使った雨傘

優雨(やささめ)

名倉 奈央子

和紙を通して入ってくる光は優しく美しい。なぜなら、あの薄い一枚に繊維が複雑に絡み合っているため、そこに当たった光は様々な方向に乱反射するからである。
現在、厚い和紙を使った傘はあるが、レース和紙や水滴を落として作る落水紙など、繊細で美しく薄い和紙一枚では雨傘になりえない。そこで、これらを塩ビコーティングすることで、強度面は勿論、薄い中にも奥行きのある新しい雨傘を提案する。
心優しくなる雨の日を。


衣装用デコレーション

サクラ

長谷川 茉実/桜台高等学校 ファッション文化科

学校のファッションショーで発表する服を作るために、デザインを考えていた。
ショーのテーマは「unfold―世界は同時に動き出す―」。グローバル化が進む世界に、私たちのファションを発信しようという意味である。世界を結ぶのは先端テクノロジー。それを私のテーマに決め出会ったのがこの集光素材。断面の不思議な光、自由に曲がり形作られる曲線の美しさに魅力を感じ、1か月間試行錯誤した。素材の持つシンプルな美しさを大切にした。



優秀賞


組立て式雨水貯水浄水タンク

雨水ろ過貯水容器 PACK200

東日本プラスチック製品加工協同組合

PACK200の対象市場は国内では災害時用、海外では水不足の国で雨水をろ過貯水し利用するための水槽として使用する。
硬質製タンクと異なり、軽量で組立ても簡単、持ち運びも一人で可能である。又未使用時は収納スペースを取らない等の特徴もある。


PVC色透明 手提げポーチ

ポーチ

山ノ井 茂/石塚株式会社

折り目が時間の経過と共に復元するという軟質塩ビの性質を利用。
また塩ビは透明・不透明・色透明とニーズに合わせて原反を作れるのも大きな特徴である。今回は重なる部分で濃淡を、色の重ね合せで色の変化を出した。


野菜栽培キット

トマト に とまと 培養土 16L

山崎 博司/株式会社生産日本社

「初めての人でも簡単栽培」をコンセプトに野菜の形をしたかわいい培養土である。
食の安全、それが子供への食育が家庭菜園をする若い世代のキーワード。
家庭栽培を通じ、親と子のコミュニケーションの場を提供できる園芸資材である。



特別賞


特別賞

菱紋筒

牧野 光昌 /森松株式会社


ペンスタンド/石鹸置き/花瓶

UNEUNE STAND

橋田 規子


多用途容器

HASAI

夏目 綾子


真っ白な付箋紙

square M

宮崎 康平・村井 卓哉


テント

KAMAKURA

志村 喜樹



入 賞


採血バッグ

LIFE

磯部 勇介/桑沢デザイン研究所


ハンガー

Nada

荒金 明道 /金沢美術工芸大学 美術工芸学科 デザイン科


塩ビ製落書き帳

えんびちょう

末松 久奈/金沢美術工芸大学 美術工芸学科 デザイン科


三角表示板

三角バルーン

小林 進/株式会社アイ・ピー・コンサルタンツ


動物彫刻

ANIMAL SCULPTURES

Ribbonesia


パーティション

ORIGAMI

宮城 光雄


野菜などのキッチン収納ツール

VEGESTOCK(べジストック)

Kanae Design Labo


ONE-SHEET CHAIR(ワンシート チェア)

新田 知生


ダンベル

ウオーターイン・プルーフベルト

株式会社三洋 営業開発部


万年カレンダー

万年ロールカレンダー

株式会社三洋 営業開発部


手編みバック

手編みバック(集光タイプ)

岩間 正美/森松株式会社


とらふぐ水槽

マリンタンクAZ

株式会社ナショナルマリンプラスチック


超軽量簡易担架

パタット担架

株式会社ナショナルマリンプラスチック


耐水性本

お風呂で読める本

眞下 彪/株式会社フロンティアニセン


防水シート

ダイヤフォルテ

菱興プラスチック株式会社


ホース

光るホース 

プラス・テク(株) 技術開発部

360°再帰反射グッズ

㈱三洋 営業開発部

過去の受賞作品

2015年「安心・安全・快適!」

2015年
「安心・安全・快適!」

2014年 
「I want this ! これ欲しい!」

2014年
「I want this ! これ欲しい!」

2013年
「ソフトPVCで日本の力をためす」

2013年
「ソフトPVCで日本の力をためす」

2012年
「社会に求められる○○×SOFT PVC」

2012年
「社会に求められる○○×SOFT PVC」

2011年
「新たに切り拓く、PVCの可能性」

2011年
「新たに切り拓く、PVCの可能性」

PAGE TOP ▲